Copyright 2017 DAIKICHI KAMPO Co., Ltd. All Rights Reserved.​

  • Facebook Social Icon

女性の悩み

 

①不妊症・生理痛・生理不順・PMS

昔は子宝に恵まれた女性があたりまえだったのに、今では不妊治療があたりまえ。また、生理痛・生理不順などに関しても現代人には増えてきています。生理痛に関して、不要になった子宮内膜が剥離されるとき生理活性物質(プロスタグランジン)が産生され、その物質の量が多いほど子宮が強く収縮して強い痛みが出ます。もちろん、ホルモンの乱れで生理不順・PMSもきたします。

昔と比べて何がそんなに変わったのでしょう。そうです、戦後、食生活が肉乳食中心に変わりました。このような食事を続けると、血液が粘性をもち酸毒化もすすむため、どろどろ血が巡ることになり、卵子が育たなかったり、着床しづらくなったりなどで不妊症に至ることになります。また、プロスタグランジンも多く出すようになり生理痛も悪化します。

英国は肉乳食で「早熟早老」、女性だと早く生理がきて早く閉経するのも、まさに肉食=酸化食=老化食を示唆しているのではないでしょうか。

また、現代では野菜ひとつでも旬ではなく農薬漬けがほとんどで、おまけに冷凍食品ばかり。素材に漢方でいう「気=エネルギー」が不足している次第。それらを食すると「気」の含んでいない血液が造成され、その「血」が生殖器に巡れば、女性なら不妊症、男性なら勃起不全になるのも当然でしょう。

大吉漢方では、「血」の質の改善はさることながら、「気」も補って、「気・血」両輪で対策をうっていきます。そうすれば、女性なら元気な子を自然妊娠、男性ならここぞというときに威力を発揮することになるでしょう。また、みずみずしい血液を巡らせていけば生理痛・生理不順・PMSとは無縁になるはずです。

更年期障害(めまい・イライラ・不安感・頭痛・のぼせ・不眠など)

更年期障害は女性だと閉経前後の10年間のあいだにホルモンの乱れによっておきると言われています。ただ、現代では20~30代の女性および男性にも頻繁におきております。

これは時代の流れで食生活が欧米化し、また、ストレス社会も加担して、それに連動してホルモンの乱れも起きていると言えるでしょう。

大吉漢方では、症状が楽になるために漢方薬の調合はもとより、ホルモンの乱れが起きないよう体質強化を図っていけます。

更年期、ストレス社会だからと言ってあきらめずに真の健康を一緒に目指していきましょう!

女性の悩み.jpg